はまゆについて

ホーム > はまゆについて

はまゆの心

“ダイビングサービスはまゆ”が誕生したのは、1971年。 以来、伊豆ダイビングの草分けとして皆様に愛されてきました。 今は亡き初代から息子の現社長、そして次世代のホープ・孫の“タァ坊”と業界でも珍しい、 三世代運営の歴史があります。 長年、脈々と受け継がれてきた、はまゆのモットー「和気あいあい」を心に、 いつもフレンドリーでハートフルなサービスを皆様にご提供できるよう心がけています。 “雲見の海”と“はまゆ”は、いつも皆様のお越しをお待ちしております。

私たちが雲見の海をご案内します

鈴木 正次 写真

鈴木 正次代表取締役

ニックネーム
社長・しょうちゃん・しょうじさん
ダイビング年数
ひ・み・つ
担当
ボート操船・エアチャージ
どんな人?
はまゆの社長。一本木で情の深い親分。
まだまだ若い者には任せられぬと責任感、
そして情熱の持ち主。
でも”酒”の飲みすぎには要注意。
鈴木 辰徳 写真

鈴木 辰徳店長

ニックネーム
たーぼー・たつ
ダイビング年数
12年
出身地
静岡県・雲見
担当
ボート操船・エアチャージ・ガイド
どんな人?
次代を担うはまゆの若きリーダー。
はまゆの伝統を受け継ぎながらも将来を見据えて新しいサービスを開拓するため、現在奮闘中。
近喰 細 写真

近喰 細常勤STAFF

ニックネーム
ささめさん
ダイビング年数
12年
出身地
東京下町
担当
ガイド・事務全般
どんな人?
雲見の海を溺愛するガイド。
実は小牛洞窟に住んでるらしい。
求人

はまゆへのアクセス

地図

お車をご利用の方へ

雲見のビーチ左奥、波止場(係船場)へ直接お越し下さい。
カーナビの設定は下記でお願いします。
『雲見シーサイドハウス(〒410-3615 静岡県賀茂郡松崎町雲見654 電話0558-45-0701 )』

伊豆漁協施設『雲見シーサイドハウス』の受付右奥、グレーの扉内がはまゆ受付です。
器材を車から降ろして頂いてから駐車場をご案内致します。

(国道136号沿いの建物はタンクチャージ小屋です。集合場所ではございません。) お車をご利用の方へ詳細

電車バスをご利用の方へ

電車バスをご利用の方へ詳細

はまゆの安全対策

ゲストの皆様に安全で楽しいダイビングをお届けするため、はまゆでは以下の安全対策を行っております。

使用している無線機

無線機の使用

陸と海とが常に情報交換出来るようスタッフ全員無線を利用し、ダイバーのスケジュールを把握、そして万が一に備えます。

AEDと順酸素

AEDと純酸素の所有

AED、純酸素(計4本)を所持し、スタッフはそれぞれ器具の利用に関する、定期的な訓練を受けています。